“Isabella Stefanelli [is]” SeasonⅣ

2018/2/26

” ISABELLA STEFANELLI “

-SeasonⅣ-

今回のコレクションも歴史上のアーティストや人物にインスパイアされて製作されております。その人物は、何かを変える為に人生を捧げた人物や、人々を励ましたり、物事の見方を変えたり、人々のあるべき姿を認めること、困難に立ち向かうことを勇気付けたりすることを成し遂げた偉人達。其々のモデルに各人物の説明を記載したタグが付属し、その説明には彼らがどういう思想を持っていたか、そしてIsabella自身が彼等をどう見ているかという事を組み込んでいます。

#1.【AMEDEO – 1B Jacket】

1900年代初期、フランスはEcole de Parisの一人としても数えられる”アメデオ・モディリアーニ(画家/彫刻家)“からインスパイアされた1B Jacketになります。パブロ・ピカソ、藤田嗣治などの人物とも交流があり、その彼自身の生涯は半ば伝説化され”モンパルナスの灯” “モディリアーニ 真実の愛”で映画化もされている人物でもあります。改めてご説明させて頂きますがIsabella独自の素材がJacketというアイテムでありながらさり気なさの中に微かなキレのある印象を与えてくれます。それは今回のコンセプト”Break” 全く異なる力が必要とされる変化の瞬間が絶妙なバランスで表現されています。襟のバランスから細かなディティールにおいてもこなれた印象を抱かせてくれるのは正にIsabellaがインスパイアされたもモディリアーニという人物を連想させてくれます。彼女の作品をお取り扱いさせて頂き始めて早や四作目となりますが、彼女の持つ非常に高度なテーラーリング技術は伝統に重んじたモノ作りも出来る一方、洋服・時代・固定観念の枠を超えた他に類を見ない創造力を強く感じます。
[コンセプト]

“Break”

全く異なる力が必要とされる変化の瞬間が絶妙なバランスで表現されています。例として糸の段階で植物由来の繊維と動物由来の繊維の組み合わせ、織り構造、生地に厚みの対比、織り柄などあらゆる角度から突き詰められ生地開発が行われました。

[素材について]

IsabellaのExclusiveデザインで日本国内、一宮市の機屋との協業になります。トロピカルウールモヘア素材の絣染ピンストライプベースに、ジャカード織機による太番手コットンのストライプ柄絣染ヤーンによって、ベース生地と同化したり、また現れたりするピンストライプによってコンセプトのブレイクが表現されています。

[染色について]

イザベラ自身が天然由来の成分を用いて全て染色しております。 其々の色目は度重なる実験を繰返し実現しております。例として植物・天然成分。またソーダ・ビネガー・レモン等の酸も組み合わせられています。全ての製品や生地は”アルム”と呼ばれる特殊な溶剤に一晩漬け込まれ、染色前に事前加工が行われます。この工程により、生地に色目が入り易くなり、色落ちも防ぐ効果も表れます。

<Fabric/Process:Pinstripe Kasuri>

・Tropical wool mohair (WARP)

・Wool/mohair-Kasuri cotton(WEFT)

<Stitch>

・Pick stitch- ribatt button hole(Hand)

・Straight stitch(Machine)

<Thread:>

・MaraⅡ(Hand)

・Mara70(Machine)

<Size:1-4>
.
*Size2,Size3,Size4/完売(sold out)
.
*残り: Size1/1点(pcs)
.
-.<Price : \ASK>

#2a.【CAMERA- Shoulder bag】

SeasonⅣの新型”CAMERA”になります。

カメラを携帯するイメージで作られたBagではありますが、程良い大きさはデイリーに活躍してくれます。BagをBagとしてだけ見ず、彼女のBagを足してみるといつも見慣れた雰囲気が一味も二味も違ったスタイリングへと変化し楽しんで頂けます。

 

[ 素材・革について ]

ボディにはイタリア、トスカーナの名門タンナーであるConceria800(コンチェリアオットチェント)のオイルのしっかりと入ったコシがありながらも非常に柔らかいベジタブルタンニン鞣しのVacchetta(カーフ)が使用されております。またショルダーストラップには英国のタンナーより調達されたヌメのカウハイドが用いられています。

金具のパーツ部分はバーナーで酸化させることで絶妙な質感へとアレンジされています。金具とハンドル部分の紐の結び目は浸水させ、柔らかくした状態から一気に強く結び上げ自然乾燥。(ハンドル部分の革を水で柔らかくすればお好みの長さにアジャスト可能です。)

[ 縫製について ]

糸は以前同様ドイツから調達されたアルピニストが極限化で使用するタフな糸(Mala社、11番糸)は歯出来れることはなく、鋏などの鋭利で切れ味のある物でしか切れることはありません。その糸もイザベラがハンドダイで染め、絶妙な配色と共に伝統のテイラー技術でサドルハンドステッチ(H社のケリーバッグと同縫製)。その技術はさり気ないディティールとしても雰囲気を醸し出しています

[ 染色について ]

特にベジタンのレザーは個体によって全く染まり方が異なります。慎重にテストを重ねイザベラが”クッキング”と呼ぶ独自の配合・染めにより染め上げていきます。一色はレシピに鉄分・ソーダ・レモンの酸が用いられて染色されています。Isabella独自の色合いは黒でもグレイでも、チャコールでもない、革や染料の特性が最大限に活かされた絶妙な色合いへと仕上がっています。また染色後から仕上げまでに1週間ほどの期間を要します。

<Fabric>

・Vacchetta vegetable(Calf)

<Stitch>

・Saddle hand stitch

<Thread>

・Mara11

<Color>

・Black olives

*完売 (sold out)
-*
<Price : \ASK>

#2b.【CAMERA- Shoulder bag】

<Color:Roots>

*完売 (sold out)
<Price : \ASK>

#3a.【SNARE – Backpack】

こちらも今回発表された新型のBackpackになります。

平面上には円を描くフォルム、持ち方や物の入れる量によってもその形は変化します(SNAREというネーミングも関係しているのかも知れません)。またストリート要素の強いバックパックというアイテムでありながらIsabellaが手掛けるとバックパックとしての魅力を残しながらもアーティステイックな側面も垣間見ることが出来ます。

[ 素材・革について ]

ボディにはイタリア、トスカーナの名門タンナーであるConceria800(コンチェリアオットチェント)のオイルのしっかりと入ったコシがありながらも非常に柔らかいベジタブルタンニン鞣しのVacchetta(カーフ)が使用されております。またショルダーストラップには英国のタンナーより調達されたヌメのカウハイドが用いられています。

金具のパーツ部分はバーナーで酸化させることで絶妙な質感へとアレンジされています。金具とハンドル部分の紐の結び目は浸水させ、柔らかくした状態から一気に強く結び上げ自然乾燥。(ハンドル部分の革を水で柔らかくすればお好みの長さにアジャスト可能です。)

[ 縫製について ]

糸は以前同様ドイツから調達されたアルピニストが極限化で使用するタフな糸(Mala社、11番糸)は歯出来れることはなく、鋏などの鋭利で切れ味のある物でしか切れることはありません。その糸もイザベラがハンドダイで染め、絶妙な配色と共に伝統のテイラー技術でサドルハンドステッチ(H社のケリーバッグと同縫製)。その技術はさり気ないディティールとしても雰囲気を醸し出しています

[ 染色について ]

特にベジタンのレザーは個体によって全く染まり方が異なります。慎重にテストを重ねイザベラが”クッキング”と呼ぶ独自の配合・染めにより染め上げていきます。一色はレシピに鉄分・ソーダ・レモンの酸が用いられて染色されています。Isabella独自の色合いは黒でもグレイでも、チャコールでもない、革や染料の特性が最大限に活かされた絶妙な色合いへと仕上がっています。また染色後から仕上げまでに1週間ほどの期間を要します。

 –
<Fabric>

・Vacchetta vegetable(Calf)

<Stitch>

・Saddle hand stitch

<Thread>

・Mara11

<Color>

・Black olives

*完売 (sold out)
<Price : \ASK>

#3b.【SNARE – Backpack】

(Color:Roots)

*完売 (sold out)
<Price : \ASK>

[Oversea/International order]

*Adopting settlement provided Yamato Financial Company for your payment easily and safety. Here are the process from your order to payment and delivery.

1) You send us your address and the item with size,color and quantity by e-mail.

2) We send you total amount included the shipping charge. We also attach the screen which provided from Yamato Financial Company, so you can settle payment with YFC directly. If you have any inquiry, please send email to info@souterrain.jp

[信息]我们已经开始和以前要求的“银联卡”结算/仅限商店
 
[信息]我們已經開始和以前要求的“銀聯卡”結算/僅限商店

営業時間:平日12:00-21:00/土・日・祝祭日12:00-20:00

定休日:毎週火曜日 (臨時休業:Blogでお知らせ致します)

通販(クレジット決済可)

お問い合わせ先:info@souterrain.jp

TEL:03-3497-1119

所在地:東京都 港区 六本木 7-5-6 KC Terrace B1F
Copyright(C) 2018 Souterrain.jp All Rights Reserved.